ゴールドとプラチナ、どっちの金属の指輪も素敵です

結婚指輪の素材は…?

既製品や古―オーダーにしろ、結婚指輪を選ぶ時に気になるのが金属をどれにするかですよね。世界のプラチナの消費量のうち、四分の一が日本で消費されるというデータがあるくらい、日本ではプラチナが人気ですし、希少価値も高いので結婚指輪そのものの価値も高めることができますが、海外ではゴールドの結婚指輪が一般的ですよね。どちらの金属を使っている指輪も華があって耐久度も高く、金属アレルギーにもなりにくいメリットもあります。

プラチナの良さって?

プラチナの白い輝きは、純白の花嫁姿にもよく似合いますよね。ダイヤモンドを入れるタイプの結婚指輪も多いですが、ダイヤモンドの白い輝きともよくマッチします。金属としては、プラチナはしなやかで柔らかさがありますから、加工しやすいのでデザインのバリエーションもたくさんですよね。そして大きなメリットとして、指輪のメッキがはがれてしまっても、地色とそう変わらないので、外見上の劣化がしにくいという点を指摘できます。

ゴールドの指輪はどうなの?

ゴールドは金属としては安定性に優れています。丈夫でありながら、加工しやすいので古来からアクセサリー用の金属として扱われてきました。最近の結婚指輪のデザインは、繊細で個性的なタイプが増えていますから、一味違った指輪が欲しい人も妥協しないで選ぶことができるはず。色もよくあるタイプの金色から、ピンクやホワイトなど三つのカラーから選べますよ。もしメッキがはがれてしまっても、再びメッキすることで回復します。

神戸の結婚式場にはラウンジがあるのでゲストと一緒に会話を楽しむことができます。設備が綺麗なので居心地が良いです。